国政選挙はこうしてやれば良い

国政選挙はこうしてやれば良い

昨今の国政選挙の投票率の低下は、目に余るものである。

投票率が、50%を切る様な事になれば、国民総意ではない

少ない意見の人達の思惑の通りに、国会運営が進む事になる。

残りの50%の人達の意見や考え方は、全て放棄しているから仕方ないのだけれど、その人達の意向が大きく左右される事になる。

中には無関心な人もいるので仕方ないでは済まされないのではないだろうか

期日前投票制度があるものの、それ以外に下記制度を新設してはどうだろう

そこで国政選挙当日は、各企業など午前中は投票に行くための時間とし、出勤は昼からなり、自由出勤などにして投票率を上げる工夫が必要ではないか

此れを法律化して投票率を上げていかないと、ごく一部の党員等の思い考え方に偏ってしまう事になる。

投票率を上げる法案の提出を求めて行きたいものである。